モンテカルロ法とは|シミュレーションでわかりやすく解説【カジノ必勝法】

モナコ 攻略法・必勝法

モンテカルロ法とは

カジノを破産させたという伝説が残る「モンテカルロ法」

「マーチンゲール法」「ココモ法」と並んで、カジノの三大ベット法と言って良いと思います。

 

モンテカルロ法は少し複雑なベット法で、

 

  • 最初に1.2.3とメモを取る
  • 1回目は両端の1と3を足した4を賭ける
  • 負けたらメモの右端に先ほどのベット額「4」を追加する(1.2.3.4になる)
  • 2回目は両端の1と4を足した5を賭ける
  • 負けたらメモの右端に先ほどのベット額「5」を追加する(1.2.3.4.5になる)
  • 3回目は両端の1と5を足した6を賭ける
  • 以下、負けた場合は繰り返し

 

というのが連敗したときの基本的な流れとなります。

 

  • そして、賭けに勝ったときは、両端から2つずつ数字を削除します
  • たとえば、4連敗してメモが1.2.3.4.5.6.7となり、5回目に8を賭けて勝ったとします
  • すると、1.2.3.4.5.6.7となります。そして6回目は残った数字の両端を足した8を賭けます
  • ここで負けたら、メモは3.4.5.8となります
  • 以下、モンテカルロ法を繰り返していきます
  • 賭けに勝って、メモに残る数字が無くなるか1個になったら、再び1.2.3に戻ります

 

以上がモンテカルロ法の流れです。

 

最初にメモに1.2.3と書き、1回目は「4」のベットから始まると書きました。この「4」は「4単位」という意味合いで、1単位のベット額は好きに決めても大丈夫です。1単位を1ドルとすれば、最初は4単位の4ドルベットからスタート、1単位を0.5ドルとすれば、最初は4単位の2ドルベットからスタートしてください。

 

モンテカルロ法は3倍の配当が出るゲームで利用されます

たとえば、ルーレットで「ダズンベット」「コラムベット」に賭けると勝率が約3分の1です。

したがってルーレットの必勝法として紹介されることが多いベット戦略になっています。

 

モンテカルロ法のシミュレーション

モンテカルロ法のシミュレーション例をいくつか見ていきましょう。

いくつかの簡単なパターンを見ることはモンテカルロ法の理解にとても役立ちます。

1ドルベットを単位として、定石通り3倍の配当が出るゲームで活用します。

 

<1回目に勝った場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル 12ドル 8ドル

 

<1回目に負けて2回目に勝った場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル 15ドル 6ドル

2回目に勝利したことによって数列は消滅し、1回目に戻ります。

 

<1.2回目に負けて3回目に勝った場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル 18ドル 3ドル

3回目に勝利したことによって数列は「3」だけになり、1回目に戻ります。

 

<3連敗後、4回目に勝った場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 22ドル 21ドル -1ドル
5回目 3.4  

ご覧の通り、4回目に勝利して配当を受け取っても、まだ収支はマイナスのままです。

そして、数列の両端から2つずつ数字を削除しても「3.4」が残るため、5回目へと進みます。

 

この事例から分かる通り、モンテカルロ法は数列が消滅するまで(あるいは数字が1つになるまで)完了させることで、必ず利益を出すことができる必勝法となっています。

言い換えるならモンテカルロ法は完遂させなければ収支はプラスになりません。

 

<3連敗後、4.5回目に連勝した場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 22ドル 21ドル -1ドル
5回目 3.4 7ドル  8ドル 21ドル 13ドル

このシミュレーションでは、モンテカルロ法を完遂したことで収支は黒字に転じています。

 

<3連敗後、4回目に勝ち、5回目に負け、6回目に勝利した場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 22ドル 21ドル -1ドル
5回目 3.4 7ドル  8ドル
6回目 3.4.7 10ドル 18ドル 30ドル 12ドル

このシミュレーションでもモンテカルロ法を完遂したことで、利益が出ています。

 

もちろん、6回目に負けて7回目に勝った場合、6回目、7回目も負けて8回目に勝った場合でもモンテカルロ法を完遂できるため、最終的には収支はプラスになります。

 

<3連敗後に1勝を繰り返した場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 22ドル 21ドル -1ドル
5回目 3.4 7ドル 8ドル
6回目 3.4.7 10ドル 18ドル
7回目 3.4.7.10 13ドル 31ドル
8回目 3.4.7.10.13 16ドル 47ドル 48ドル 1ドル

このシミュレーションでもモンテカルロ法を完遂したことで1ドルの利益が出ていますね。

 

<4連敗後に1勝を2回繰り返し、最後に連勝した場合>

ゲーム回数 数列 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1.2.3 4ドル 4ドル
2回目 1.2.3.4 5ドル 9ドル
3回目 1.2.3.4.5 6ドル 15ドル
4回目 1.2.3.4.5.6 7ドル 22ドル
5回目 1.2.3.4.5.6.7 8ドル 30ドル 24ドル -6ドル
6回目 3.4.5 8ドル 14ドル
7回目 3.4.5.8 11ドル 25ドル
8回目 3.4.5.8.11 14ドル 39ドル
9回目 3.4.5.8.11.14 17ドル 56ドル
10回目 3.4.5.8.11.14.17 20ドル 76ドル 60ドル -16ドル
11回目 5.8.11 16ドル 32ドル 48ドル 16ドル

最後のシミュレーション例ですが、どういう経過をたどってもモンテカルロ法を完遂できれば利益が出ることは、ここまで再三確認してきた通りです。

 

ここからはさらにもう少し、モンテカルロ法の特徴を掘り下げていきましょう。

 

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のメリットとして挙げられるのは、

  • 連敗しても累計の赤字が大きくなりにくい
  • 連敗してもベット額が大きくなりにくい

という2点があります。

 

連敗してもどこかで勝利できれば収支を大幅に改善できるのは、上のシミュレーションを見ても分かる通りです。もちろん、モンテカルロ法が長引けばベット額は大きくなる傾向はありますが、オンラインカジノのテーブルリミットに引っかかるほどベット額が肥大することは稀と言えます。

マーチンゲール法のようにベット額が2倍と指数関数的に増えていく必勝法にはないメリットですね。

最初からテーブルリミットの幅が広いルーレットなどを選ぶことで、ベット上限に引っかかってモンテカルロ法を完遂できないというリスクも回避することが可能です。

 

<テーブルリミットの高いルーレットの例>

  • Rapid Auto Roulette(0.1ドルから5万ドル)
  • Classic Auto Roulette(0.25ドルから5万ドル)
  • VIP Auto Roulette(0.5ドルから5万ドル)

いずれもベラジョンカジノのライブカジノで遊べる「NETENT」のライブルーレットです。

 

オンラインカジノならではの必勝法

モンテカルロ法を実践に移すと分かるのですが、シンプルなシミュレーションとは異なり、実戦では勝ったり負けたりを繰り返す内にメモの数字が飛び飛びになっていきます。

頭の中だけで数列を記憶し続けるのは困難で、モンテカルロ法の実践にはメモが必須と言えます。

これが本場のランドカジノではメモは禁止なので、モンテカルロ法を使うのは実質不可能

モンテカルロ法自体を禁止しているカジノもあり、それだけカジノ側にとってヤバい必勝法ということ。

 

でも、オンラインカジノであればメモを使っているかどうかは相手に分かりません

モンテカルロ法はオンラインカジノだからこそ実践できる必勝法だと言えますね。

天才がカジノを破産させたと言われているモンテカルロ法も、オンラインカジノでメモを取りながらなら誰でもできるというわけです。

 

配当が2倍のゲームには不向き

モンテカルロ法は2倍の配当が得られるゲームでも一応は使えるベット法です。

2倍の配当が出るゲームで使う場合、賭けに勝ったときに両端から消す数字は1つずつになります。

 

しかし、2倍の配当が出るゲームでモンテカルロ法を使って数字がなくなるまで勝っても、収支がマイナスになってしまい、最後に連勝しなければ利益を得ることができません

 

  • ブラックジャック
  • ルーレットの赤・黒、奇数・偶数
  • バカラのバンカー・プレイヤー

といった超定番のギャンブルでは使いにくいということになります。

 

モンテカルロ法で利益を上げるなら、3倍の配当が得られるゲームを選択するようにしてください。

メモの数字がなくなるまで1セット完了できれば利益が出せることは確認してきた通り。

勝率が約3分の1で、配当が3倍のゲームの代表例がルーレットの「ダズンベット」「コラムベット」です。

 

くれぐれも

  • テーブルリミット(最大ベット額)
  • 最小ベット額

の確認は怠らないようにしてくださいね。

コメント

総額「30000円超」のカジノチップ進呈中!
無料登録ボーナスはこちら
\総額30000円以上!/
登録ボーナス進呈
タイトルとURLをコピーしました