ココモ法とは|やり方とシミュレーション、連敗時の損切りと改良版も

ルーレット 攻略法・必勝法

ココモ法とは

「ココモ法」はカジノゲームの中で定番中の定番の必勝法です。

 

ココモ法の特徴をまとめると、

  • 前2回のベット額の合計を賭けるベット法
  • 3倍の配当が得られるゲームで利用される
  • 連敗が続くほど勝ったときの利益が大きくなる

という3点が挙げられます。

 

3倍の配当が出るゲームとは、たとえばルーレットにおいて「ダズンベット」「コラムベット」などに賭ける場合が代表的です。勝率が「約3分の1」の賭けということになりますね。

(ココモ法は、ルーレットの必勝法の代表例として紹介されることが多いです。)

ココモ法について詳しく解説していきます。

 

ココモ法のシミュレーション

1ドルベットから始めた場合のココモ法のシミュレーションを表にまとめました。

ゲーム回数 ベット額 累計赤字 配当 利益
1回目 1ドル 1ドル 3ドル 2ドル
2回目 1ドル 2ドル 3ドル 1ドル
3回目 2ドル 4ドル 6ドル 2ドル
4回目 3ドル 7ドル 9ドル 2ドル
5回目 5ドル 12ドル 15ドル 3ドル
6回目 8ドル 20ドル 24ドル 4ドル
7回目 13ドル 33ドル 39ドル 6ドル
8回目 21ドル 54ドル 63ドル 9ドル
9回目 34ドル 88ドル 102ドル 14ドル
10回目 55ドル 143ドル 165ドル 22ドル

 

<ココモ法の流れ>

1回目は1ドルを賭けます。賭けに勝てば3ドルの配当が出て2ドルの利益になります。

1回目に負けた場合、2回目も1ドルを賭けます。賭けた時点で赤字は累計で2ドルに。賭けに勝てば3ドルの配当が出て2ドルの赤字を相殺し、1ドルの利益を獲得します。

もし賭けに勝った場合、次は1回目に戻り、再び1ドルをベットします。

2回目にも負けた場合、3回目は1回目の賭け金の1ドルと、2回目の賭け金の1ドルを足した2ドルをベットします。賭けた時点で赤字は累計で4ドルに。賭けに勝てば6ドルの配当が出て4ドルの赤字を相殺し、2ドルの利益を獲得します。

もし賭けに勝った場合、次は1回目に戻り、再び1ドルをベットします。

3回目にも負けた場合、4回目は2回目の賭け金の1ドルと、3回目の賭け金の2ドルを足した3ドルをベットします。賭けた時点で赤字は累計で7ドルに。賭けに勝てば9ドルの配当が出て7ドルの赤字を相殺し、2ドルの利益を獲得します。

以下、4回目以降も繰り返し。

 

ココモ法のメリット

上の表からも分かる通り、ココモ法のメリットとしては、

  • 連敗するほど最後に勝てば利益が大きくなる
  • 連敗しても思ったほど赤字が累積しない
  • ベット額も思ったほど大きくならず、長く利用できる

という3点が挙げられます。

 

この3つのココモ法のメリットはマーチンゲール法と比較することでより鮮明になります

 

マーチンゲール法はカジノゲームで最も有名とも言える必勝法で、

  • 負けたらベット額を2倍にしていく
  • 最後に勝てば、最初に賭けた金額と同額の利益を得られる

という2点が最大の特徴です。

 

■マーチンゲール法の詳細はこちらで解説しています

マーチンゲール法とは|オンラインカジノで最も有名な必勝法【実は勝てない?】
マーチンゲール法を徹底解説!オンラインカジノで勝てると評判の必勝法が「マーチンゲール法」です。本当に勝てるのかシミュレーションしつつデメリットも含めて紹介します。さらに損切りしながらマーチンゲール法を行う改良版も公開中!

 

マーチンゲール法は連敗する度にベット額を倍々に増やしていくため、

  • 累積していく赤字が大きい
  • ベット額が莫大な金額になる

というデメリットがあります。

 

連敗に強い

ココモ法とマーチンゲール法において連敗した場合の累計赤字、ベット額を比較してみましょう。

ゲーム回数 ベット額(C) 累計赤字(C) ベット額(M) 累計赤字(M)
1回目 1ドル 1ドル 1ドル 1ドル
2回目 1ドル 2ドル 2ドル 3ドル
3回目 2ドル 4ドル 4ドル 7ドル
4回目 3ドル 7ドル 8ドル 15ドル
5回目 5ドル 12ドル 16ドル 31ドル
6回目 8ドル 20ドル 32ドル 63ドル
7回目 13ドル 33ドル 64ドル 127ドル
8回目 21ドル 54ドル 128ドル 255ドル
9回目 34ドル 88ドル 256ドル 511ドル
10回目 55ドル 143ドル 512ドル 1023ドル

「C」=ココモ法、「M」=マーチンゲール法

 

このように10連敗した時点での累計赤字はココモ法で143ドルなのに対して、マーチンゲール法は1023ドルと膨大です。9連敗後の10回目のベット額もココモ法は55ドルなのに対して、マーチンゲール法は512ドルと5万円を超えてきます。

 

ココモ法の方が少ない予算でゲーム回数を多く遊ぶことができる、つまり連敗に対して強いと言えます。

(ただし、マーチンゲール法は勝率が約50%とココモ法より高いゲームで使われる点は有利です。)

 

ココモ法の10連敗以降のベット額、累計赤字、配当、利益を表にしてみました。

ゲーム回数 ベット額 累計赤字 配当 利益
11回目 89ドル 231ドル 267ドル 36ドル
12回目 144ドル 375ドル 432ドル 57ドル
13回目 233ドル 608ドル 699ドル 81ドル
14回目 377ドル 985ドル 1131ドル 146ドル
15回目 610ドル 1595ドル 1830ドル 235ドル
16回目 987ドル 2582ドル 2961ドル 379ドル
17回目 1597ドル 4179ドル 4791ドル 612ドル
18回目 2584ドル 6763ドル 7752ドル 989ドル
19回目 4181ドル 10944ドル 12543ドル 1599ドル
20回目 6765ドル 17709ドル 20295ドル 2586ドル

たとえば1万ドル(約100万円)の予算を持ってプレイしていれば17連敗までは耐えることが可能で、18回目に勝てれば利益を上げることができる計算になります。そして18回目に賭けに勝利すれば989ドル(約10万円)の利益を獲得することが可能です。

 

このようにココモ法では比較的少額の予算でもある程度、連敗に耐えることができ、ベット額も少額に抑えられ、勝ったときには大きく利益を得ることができます。

ベット額が少額になるということは、カジノゲームの場に設けられたテーブルリミット(最大ベット額)の制限にも引っかかりにくいというメリットがあります。

 

ルーレットでは5万ドルのテーブルリミットを設定されている場もあり、最大ベット額に引っかかることは滅多にありません。ただし、最低ベット額が設定されていることもあり、その場合、最初に1ドルベットからスタートすることができない可能性がありますので、確認は忘れないようにしてくださいね。

逆にテーブルリミットが1ドル未満の場もあります。

 

<テーブルリミットの高いルーレットの例>

  • Rapid Auto Roulette(0.1ドルから5万ドル)
  • Classic Auto Roulette(0.25ドルから5万ドル)
  • VIP Auto Roulette(0.5ドルから5万ドル)

いずれもベラジョンカジノのライブカジノで遊べる「NETENT」のライブルーレット。

 

ココモ法のデメリット

さて、さっそくココモ法を試してみたくなった方もいるかもしれません。

しかし完全無欠の必勝法であれば、誰もが実践に移し稼ぎまくっているはずです。

当然、ココモ法にはデメリットがあり、予算が破産してしまう危険性も孕んでいます。

 

ココモ法の最大のリスクは連敗のしやすさにあります。

勝率が約3分の1のゲームで使う戦略のため、自ずと連敗する確率は上がります。

 

「いやいや、15連敗する確率なんて、3分の2の15乗だから、0.22%やで!」

「20連敗する確率は0.03%だし、絶対に大丈夫でしょ!」

という声が聞こえてきそうです。

 

しかし、どういうわけか大型連敗というのはやってくるわけです。

大型連敗はいつかやってくるものと思っておいた方が良いです。

 

だからココモ法を過信して、予算の全てを戦略に注ぎ込んでしまうのは危険。

娯楽を兼ねているならまだしも、余裕のない資金であればなおさらです。

 

損切りが大切

損切り

そこでおすすめは損切りを行う改良版のココモ法です。

たとえば6連敗や7連敗したら、一度損切りしてその時点での累計赤字を受け入れます。

そして、再びベット額を1ドルに戻し、ココモ法を繰り返していきます。

赤字を小さくして、小さい利益を積み重ねていき、長く健全にカジノを楽しめれば理想的です。

 

■ココモ法と同じく勝率約33%のゲームに使われるモンテカルロ法はこちら

モンテカルロ法とは|シミュレーションでわかりやすく解説【カジノ必勝法】
モンテカルロ法をわかりやすく解説します。オンラインカジノだからこそ使える必勝法とも言えるモンテカルロ法のやり方をシミュレーションを交えて解説。ルーレットのダズンベットなど3倍配当のカジノゲームにおすすめです。

コメント

総額「25000円超」のカジノチップ進呈中!
無料登録ボーナスはこちら
\総額25000円以上!/
登録ボーナス進呈
タイトルとURLをコピーしました