ベットティルトのボーナス出金条件(ややこしい!)を解説!

ベットティルト(Bettilt)

ベットティルトのボーナス出金条件と有効期限

ベットティルト(Bettilt)には他のオンラインカジノ同様、ボーナスに出金条件最低(プレイスルーレート)がかかります。基本的な条件はボーナス額の「40倍」をベットすることです。

たとえばボーナスとして$100をもらった場合、100 × 40 = $4000をベットする必要があります。それまではボーナス分を出金することが出来ません。

ボーナスには30日の有効期限があるため、ボーナスをもらった日から30日以内に頑張って条件消化を目指したいところです。

 

最大賭け額の上限がある(要注意!)

ベットティルトはボーナスを使ったベットに「最大賭け額」の上限も設定されています。1度のベットにつき、ボーナス額の20%、または$10の、いずれか金額の低い方が、最大賭け額の上限となります。

先程のボーナスとして$100もらった例だと、100 × 20% = $20となり、$10の方が金額が低いので、最大賭け額は$10となります。もし、それ以上大きく賭けた場合、禁止行為となり、ボーナス没収となってしまうようです。(ベット額を機械で自動的に弾いてくれない可能性があるので注意!)

 

ベットティルトのボーナス出金条件の細かいルール

その他にも、ボーナスの消化条件には細かいルールがいくつかあります。

ボーナス分、現金分が半分ずつベットされる

まず、ボーナス出金条件をクリアするには、あくまでボーナス分から40倍をベットしなければいけません。$100入金して$100のボーナスをもらった場合、現金入金分のチップが$100、ボーナス分のチップが$100口座にあることになります。

ここで、$10ベットしてゲームを行った場合、ボーナス分から利用されるのは半分の5$となります。つまり、ベット額の半分がボーナス分から利用されます。(全額ではないということを押さえたい!)

 

プレイするゲームごとに適用率が変わる

さらに、ゲームごとにベット額の何%が賭け条件として適用されるのかも変わってきます。スロット、アーケード、スクラッチゲームでは賭け額の「100%」が、その他のゲーム(ブラックジャック、ルーレット、ポーカーなど)では賭け額の「10%」が適用されます。

賭け額の10%が適用されるということは、ボーナス分から$5ベットしても、実際には$0.5分として計算されるということです。こうして見ると、なかなか40倍の条件をクリアするのは難しいように感じますね。

私が調査した時点(2019年12月)の規約では、バカラ、プント・バンコとクラップスはそもそも除外ゲームとなっていて、ボーナス出金条件を満たすためには遊べないので気を付けてください。

 

スポーツウェルカムボーナスの場合

スポーツウェルカムボーナスをもらった場合は、出金条件は30日以内に「10倍」で、オッズ2.0以上が確定したベット(プレマッチとライブ)が対象となります。

 

ボーナスがいらない場合

ベットティルトのボーナス不要画像

このようなわけで、ボーナス出金条件は色々とややこしくなっています。現金入金分だけで勝負したいプレイヤーも多く、その場合はボーナスの受け取りを拒否することも出来ます。入金時などにプロモーションが表示された場合、バナーをタップすることで「ボーナス不要」に切り替わると思います。

後はそのまま入金手続きを完了させることで、ボーナスの受け取りを断ることが出来ますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました