ベットティルトの違法性・合法性|プレイしたら逮捕される心配は?

違法性・合法性のイメージ画像 ベットティルト(Bettilt)

ベットティルトの違法性・合法性

カジノゲームでも遊べてスポーツベッティングもできるベットティルト(Bettilt)ですが、「ベットティルトで遊んだら違法にならないの?」「後から警察が来て逮捕されたりしないの?」と心配に感じる方も多いと思います。納得感を持って安心してプレイできなければ、心から楽しめませんもんね。

当記事では、ベットティルト自体の違法性と、日本からネットでベットティルトで遊んだ場合の違法性の2パターンに分けて、ベットティルトの違法性、合法性について解説していきます。

 

ベットティルト自体の違法性は?

まず、ベットティルト自体の違法性、合法性についてです。

オンラインカジノ、ブックメーカーが合法的に運営されるためには、

  1. オンラインカジノ、ブックメーカーが合法の国で企業が運営されている
  2. 運営に必要なライセンスを取得している

この2つの条件をクリアしている必要があります。

 

ベットティルトの運営企業「Abudantia B.V」は、オンラインカジノ、ブックメーカーが合法の国、「オランダ領キュラソー」で運営されています。登録住所は「E-Commerce Park Vredenberg, Curacao」です。

さらに、オランダ領キュラソーのライセンスを取得し運営されています。ライセンスのページはこちら

 

ベットティルトは、オンラインカジノ、ブックメーカーが合法な国で運営されており、運営に必要なライセンスを取得しています。つまりベットティルト自体は完全に合法であると言うことが出来ます。

 

ベットティルトで遊んだら違法になる?

ベットティルト自体はオランダ領キュラソーという国でライセンスを取得し、合法的に運営されていることが分かりました。しかし、私たちにとって問題となるのは、「ベットティルトを日本から遊んだら違法になるのか?」ということですよね。

 

この問題については、違法でもないが合法でもなく「グレー」というのが正直なところです。「グレー」と聞くとネガティブイメージが強いかもしれませんが、日本ではオンラインカジノに関する法律が整備されていないため、法律なし、つまりグレーというニュアンスです。

日本には賭博法という法律こそありますが、ベットティルトのようなオンラインカジノ、ブックメーカーは、以下のような特徴を持っています。

  • 胴元は海外で完全に合法的に運営されている
  • 日本人専用のサービスではない

つまり、名実ともに胴元は海外に合法的に存在するため、日本国内のプレイヤーだけを違法として逮捕することは考えにくいと言えます。オンラインカジノでプレイすることの合法性、賭博法の解釈などはこちらの記事「オンラインカジノは違法か合法か|逮捕事例から分かるカジノ選びの大切さ」も参考にしてください。

 

ベットティルトで遊ぶ日本人プレイヤーは増えてきている一方で、ベットティルトで遊んでいて逮捕された日本人プレイヤーは1人もいません。日本人プレイヤーが国内で逮捕されて「違法」となった判例はオンラインカジノ業界を見ても0人で、みなさん好きなように遊んで楽しんでいるのが実情です。

これから日本でランドカジノの誘致が行われるようになると、おそらくオンラインカジノについても法律も整備されると思います。これだけプレイヤーが増えてしまうと、今さら違法には出来ないような気がしますが、最新情報からは目が離せないですね。

 

どうしても心配な場合は、

  • クレジットカードで入金せず、国際決済サービスを使って入出金する
  • 勝ち負けなどをブログ、SNSで発信しない
  • チャットで日本人同士で日本語で会話しない

このようにあくまで匿名性を持ってプレイするようにすると、波風立たなくてより安心だと思います。現在、日本の警察は海外サーバーへの捜査令状を取ることができないため、アカウント情報を開示させることが出来ません。自分から個人情報を開示するような発信をしなければ、安心感はより高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました