オンラインカジノの運営ライセンスと安心してプレイできる仕組み

オンラインカジノの運営ライセンスの発行イメージ オンラインカジノ全般

オンラインカジノの運営ライセンスを知ろう

「オンラインカジノ」と言葉を見て「胡散臭い」と感じる方も少なからずいるのではないでしょうか?

実際、インターネットが始まってから今日まで、たくさんのオンラインカジノが生まれては消え、特に業界の黎明期には、詐欺まがいのオンラインカジノが混じっていたことも事実です。

しかし、オンラインカジノが保持しなければならない「運営ライセンス」と「その発行国(質)」を確認することで、安心してプレイできるオンラインカジノを見極めることができる仕組みが確立されています。

「これから新たなにオンラインカジノに登録しようと思っている」という方であれば、運営ライセンスについて少し知識を持っていて損することはありません。詳しく見ていきましょう。

 

オンラインカジノの運営ライセンスについて

オンラインカジノの運営ライセンスは1994年にカリブ海の小国「アンティグア・パーブーダ」という国で誕生しました。「アンティグア・パーブーダ」はイギリス連邦加盟国の1つで、運営ライセンスの発行を行う法律が可決されたことが始まりです。

「国」「法律」という言葉からも分かるように、オンラインカジノの運営ライセンスは政府機関もしくはそれに準ずる機関が発行の役割を担っています。民間企業ではなく国が審査・監視していると思うと、少しは運営ライセンスに安心感も感じるのではないでしょうか。

 

まず、大前提として運営ライセンスを取得していないオンラインカジノは違法運営ということになります。オンラインカジノ自体が合法運営されるためには、オンラインカジノが合法な国で運営され、審査を受けて運営ライセンスを取得していることが必要だからです。

どれだけホームページデザインが魅力的で日本語対応していても、運営ライセンスに関する記述がなければ危険性が高いです。運営ライセンスを持っているかどうかの確認は必須です。あるいは、当サイトから登録できるオンラインカジノで遊ぶようにすると安心でしょう。

 

運営ライセンスの質、信頼性

運営ライセンスはオンラインカジノの合法運営のためには必須で、政府機関による発行を受けており、ある程度の質と信頼性は担保されているという話でした。

しかし、今ではオンラインカジノの運営ライセンスを発行する国々もたくさんあります。当然、審査基準の厳格さも様々で、中には「ちょっと信頼しにくいかも」と言われているライセンスもあります。

そこで、ここから業界の中で信頼性が高いと言われている運営ライセンスと、対象オンラインカジノを紹介します。これから遊ぶオンラインカジノ選びの参考にしてください。

 

信頼度の高い運営ライセンス

マルタ共和国

「マルタライセンスを持っていれば間違いない!」と言われるほど業界でも信頼性が高いのがマルタ共和国のライセンス「マルタ・ゲーミング・オーソリティ」です。ライセンスを付与して終わりではなく、抜き打ち検査を行ったり、ライセンスにも5年の有効期限を設けていて更新が必要になります。その間に不正を働いたり、経営面なども含めて健全運営が困難だと判断された場合にはライセンスの剥奪も行われます。

マルタ共和国のライセンスを持っているオンラインカジノ

→ベラジョンカジノ、カジノシークレット、ワンダリーノ、カジ旅、チェリーカジノ、インターカジノ、ジャックポットシティ

 

イギリス

オンラインカジノの運営ライセンスの発行国の多くはイギリス連邦加盟国です。その中で本家本元のイギリスライセンスは取得が困難で、それだけ信頼性が高いライセンスとなっています。といってもイギリスのライセンス「Gaming Commission(賭博委員会)」は、イギリス国内でギャンブル関連のサービスを展開するための資格なので、直接的には私たちには関係ありません。私たちがプレイするオンラインカジノがイギリスでも事業展開されていて、その際にイギリスライセンスを取得していると「おぉ!安心!」という印象を与えてくれます。

イギリスのライセンスを持っているオンラインカジノ

→ウィリアムヒルスポーツ

 

ジブラルタル

過去の実績に基づいて審査が行われるため、健全運営を積み重ねてきたオンラインカジノでなければ取得できない格式高いライセンスの1つです。維持費も高額なことで有名で、ジブラルタルのライセンスを持っていれば経営面での安定性をアピールできるくらいです。

ジブラルタルライセンスを持っているオンラインカジノ

→ウィリアムヒルカジノクラブ

 

マン島

マン島はイギリス王室属領の1つで、オンラインカジノのみならずランドカジノや、カジノソフトウェアのライセンスも発行しており、信頼性が高いことで知られています。サーバーやソフトウェアだけではなく、従業員の質まで直接審査される厳しい基準を設けており、マン島のライセンスを持っていれば安心だと考えても問題はないでしょう。

マン島ライセンスを持っているオンラインカジノ

→DORA麻雀、ジパングカジノ

 

運営ライセンス以外の仕組み

オンラインカジノの安心、信頼の根拠となるのは運営ライセンスだけではありません。オンラインカジノが業界として成熟していく中で、運営ライセンス以外にも利用者を保護するための仕組みが生まれてきたり、ソフトウェア会社とオンラインカジノの関係性を理解しておくことも、オンラインカジノを安心してプレイするためには大切です。

 

第三者機関

今ではプレイヤー保護の観点からオンラインカジノを監視する「第三者機関」も複数設立されており、「ライセンス制度」だけでは信用ならないという方でも、より安心してオンラインカジノを遊べる環境が整ってきていると言えます。

最も代表的な第三者機関は2003年に設立された「eCOGRA」で、「eCOGRA」による監視を受けてクリアしているオンラインカジノであれば、より安心して遊ぶことができます。

 

ソフトウェア会社との関係

さらにさらにオンラインカジノで利用されているゲームソフトウェア会社も、ライセンス発行を受けた上で公正なカジノソフトウェアをオンラインカジノに提供しています。

まず重要なポイントとして「オンラインカジノ運営会社とソフトウェア会社は別」ということです。

ソフトウェア会社は不正がない優良なカジノゲームをオンラインカジノに提供することで、市場からの評価を獲得しているため、不正ソフトウェアを開発するインセンティブ(動機)がそもそもありません。また、当然のことながらゲームのプログラムをオンラインカジノ側が書き換えることは不可能です。

 

この関係性を理解していると、優良なソフトウェア会社が提供しているゲームをオンラインカジノで選ぶことで、イカサマプログラムの心配をすることなく遊ぶことが出来るのではないでしょうか。

ソフトウェア会社の中で特に有名なのは「マイクロゲーミング社」「ネットエント(NETENT)」「playtech(プレイテック)」社です。

 

まとめ

ライセンス、第三者機関、優良ソフトウェア会社は「三種の神器」

  1. 質の高いライセンスの下で運営されている
  2. 第三者機関による監視を受けている
  3. 優良ソフトウェア会社によるゲーム提供

この3つの条件を満たしているオンラインカジノなら、ほぼ間違いなく安心してプレイできると言えます。そのベースというか、基本となるのが運営ライセンスの仕組みです。

 

「運営ライセンス制度」「第三者機関」による厳しい監視を受けているオンラインカジノは必然的に健全運営が求められます。そのため、長く生き残っているオンラインカジノは本物ばかりで、中には運営企業が上場しているオンラインカジノすらあります。

オンラインカジノに公正なゲームを提供している「ソフトウェア会社」の中にも上場企業はあり、日本人がギャンブルという言葉に抱くイメージからは想像もできないほど「普通にスゴい」というか、「クリーン」に展開されているのがオンラインカジノなんですね。

どうしても安全性が心配だという時には、運営企業が上場しているオンラインカジノで、上場企業が提供しているソフトウェアで遊ぶと1番かもしれません。

たとえば、「ネットエント(NETENT)」「playtech(プレイテック)」社は上場していますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました